A特性・B特性・C特性とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 空調用語 > A特性・B特性・C特性の意味・解説 

Aとくせい・Bとくせい・Cとくせい A特性・B特性・C特性

音圧レベル測定を行うとき、各周波数に対してフラット測定を行った結果がC特性。それを、人間聴覚周波数によって異なる(例え低周波数の音は聞こえにくい)性質考慮し、補正を行ったものがA特性およびB特性A特性が最も聴感に近いので、この値を一般に騒音レベルとよぶ。 それぞれdB(A)、dB(B)、dB(C)を表す。 〔特性別の周波数感度
A特性・B特性・C特性
〔C特性の値をA特性補正する際の補正値〕
オクターブバンド 中心周波数(Hz) 63 125 250 500 1,000 2,000 4,000
補正値 (dB) -26 -16 -9 -30 +1 +1


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「A特性・B特性・C特性」の関連用語

1
38% |||||

A特性・B特性・C特性のお隣キーワード

3Eリレー

ALC

A特性・B特性・C特性

B.F.式

CAV方式

CA貯蔵

CF式

CMH

CMM

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



A特性・B特性・C特性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2020 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS