鷹乃学習とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 鷹乃学習の意味・解説 

鷹乃学習

読み方:たかすなわちわざをならう・たかすなわちがくしゅう

七十二候一つ二十四節気小暑末候にあたり7月17日7月22日ごろに相当する。季節晩夏。鷹乃学習は、それ自体としては「幼鳥が飛ぶことを覚える」などといった意味。また、小暑初候は「温風至と言い次候は「蓮始開と言う。なお、鷹乃学習は「略本暦」における呼び名であるが、元となった中国宣明暦でも「鷹乃学習」と呼ばれる

鷹乃学習

出典:『Wiktionary』 (2018/03/07 05:41 UTC 版)

名詞

(たか すなわち わざをならう/がくしゅうす)

  1. 七十二候一つ小暑末候日本略本暦中国宣明暦ともに)。たか幼鳥が飛ぶことを覚えるころの意。蓮始開の次、桐始結花の前。この候が終わると大暑になる。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鷹乃学習」の関連用語

鷹乃学習のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



鷹乃学習のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの鷹乃学習 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS