非シールドより対線とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 非シールドより対線の意味・解説 

非シールドより対線

【英】UTP, Unshielded Twist Pair cable

非シールドより対線とは、通信ケーブル一種であるより対線中でもシールド加工がなされていないもののことである。一般家庭通常のオフィス環境で、Ethernet用の配線使用されることが多い。

より対線銅製心線をより合わせケーブルで、より合わせによって電流流れるときに生じる磁気打ち消すような仕組みになっている。箔などによって雑音遮断する加工シールド呼ばれるが、このシールド加工を行っていないものが非シールドより対線に当たる。シールド加工が施されていない分、シールド付きより対線よりも安価であるが、あまりノイズの多い環境下では用いることができない





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「非シールドより対線」の関連用語

非シールドより対線のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ルーター

Dell Streak

Xperia Z2 SO-03F

Microsoft Comfort Curve Keyboard 3000

Amazon Fire 7

ARROWS V F-04E

iPad Pro

Kindle Fire HDX





非シールドより対線のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ非シールドより対線の記事を利用しております。

©2018 Weblio RSS