隠れ蓑としての特定非営利活動法人とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 隠れ蓑としての特定非営利活動法人の意味・解説 

隠れ蓑としての特定非営利活動法人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 05:31 UTC 版)

特定非営利活動法人」の記事における「隠れ蓑としての特定非営利活動法人」の解説

非営利性のもつ好感得やすさを隠れ蓑に、一部事実上営利目的であったり公益的活動行ったりする例が出てきた。とくに、企業業界団体広報宣伝活動隠れ蓑にしたり、犯罪関与したり、実態右翼団体左翼団体であるケース等、悪徳商法ニュースで目立つようになり、NPO全般イメージネガティブに捉える人が増えた。ただ、実際はそういった団体一部である内閣府は、市民による監視の一環として、活動懸念される法人に対し市民への説明要請」を実施することとした。この説明要請の内容、及び要請への回答については、すべて内閣府ホームページ上で閲覧できるという行政措置をした(当然ながら説明要請に対して何らの応答無かった際はその事実を公表される)。この点についても法制化に向けて着手している。

※この「隠れ蓑としての特定非営利活動法人」の解説は、「特定非営利活動法人」の解説の一部です。
「隠れ蓑としての特定非営利活動法人」を含む「特定非営利活動法人」の記事については、「特定非営利活動法人」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「隠れ蓑としての特定非営利活動法人」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「隠れ蓑としての特定非営利活動法人」の関連用語

隠れ蓑としての特定非営利活動法人のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



隠れ蓑としての特定非営利活動法人のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの特定非営利活動法人 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS