転職35歳限界説とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 転職35歳限界説の意味・解説 

転職35歳限界説

読み方:てんしょくさんじゅうごさいげんかいせつ
別表記:35歳転職限界説

35歳超える転職困難になり、転職対象選択肢大幅に狭まるとする俗説のこと。従来日本転職市場では、「転職35歳限界説」は半ば常識と見なされてきたともいわれている。しかし、2008年リーマン・ショックを境に、企業35歳超えた人材積極採用する傾向強まったことから、「転職35歳限界説」は覆されたともいわれている。転職サービスDODA」の調査によると、2007年から2013年の間に、転職成功者占め35歳上の割合は10.5%から23.6%に上昇した

関連サイト
転職成功者の年齢調査を発表 - インテリジェンス



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「転職35歳限界説」の関連用語

転職35歳限界説のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



転職35歳限界説のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS