発達障害35歳限界説とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 発達障害35歳限界説の意味・解説 

発達障害35歳限界説

読み方:はったつしょうがいさんじゅうごさいげんかいせつ
別表記:発達障害者35歳限界説

アスペルガー症候群ADHDなどの発達障害抱えた人は、35歳超える人生が行き詰まるとする俗説のこと。インターネット上の掲示板などで、コピペの形で広まった。発達障害35歳限界説の根拠として、発達障害者35歳超える正社員に必要とされるスキル人間性を欠いているため、解雇されたり退職追い込まれたりする傾向があるということや、35歳超えるその後再就職が困難であること(転職35歳限界説)などが挙げられている。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

発達障害35歳限界説のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



発達障害35歳限界説のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS