苣の木とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 苣の木の意味・解説 

ちしゃのき (苣の木)

Ehretia ovalifolia

Ehretia ovalifolia

Ehretia ovalifolia

わがくに本州中国地方から四国九州それに台湾中国分布しています。川沿い林内などに生え、高さは1015メートルになります倒卵形から倒卵状長楕円形互生します。若葉食用になり、「レタス(苣)」の味に似ているそうです6月から7月ごろ、先に円錐花序をだし、白い小さな花を咲かせます。のかたちが「カキノキ」に似ていることから「カキノキダマシ柿の木騙し)」とも呼ばれます。
ムラサキ科チシャノキ属の落葉高木で、学名Ehretia ovalifolia。英名はありません。
ムラサキのほかの用語一覧
チシャノキ:  アナクア  丸葉苣の木  琉球苣の木  苣の木
ハナイバナ:  葉内花
ハマベンケイソウ:  蝦夷瑠璃草
ヒレハリソウ:  コンフリー



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「苣の木」の関連用語

苣の木のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



苣の木のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.

©2020 Weblio RSS