コンフリーとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 多年草 > コンフリーの意味・解説 

コンフリー [1] 【comfrey】

ムラサキ科多年草。高さ70センチメートルほどで,全体白色短毛生える。下部は狭卵形上部基部抱いてひれ状となる。六,七月の上部に下垂した花穂をつけ,青紫色・白色などの小花を開く。ヒレハリソウ。 〔根や薬用に,若葉食用に用いられてきたが,重篤肝障害起こすことがあるので,食用服用が禁じられている〕

ヒレハリソウ

ヒレハリソウ
科名 ムラサキ科
別名: コンフリー
生薬名: コンソリダコンコンソリダ根
漢字表記 鰭玻璃草
原産 ヨーロッパシベリア西部中央アジア
用途 コーカサス長寿での常食野菜として注目された多年草。浄血作用があるので、薬用として用いられていたが、発ガン性物質があると話題になりました。
学名: Symphytum officinale L.
   

コンフリー (鰭玻璃草)

Symphytum officinale

Symphytum officinale

Symphytum officinale

●正式な和名は「ヒレハリソウ鰭玻璃草)」ですが、英名のほうがよく知られています。ヨーロッパ原産で、「ボリジBorago officinalis)」の近縁種です。高さは1メートルくらいになり、大きな楕円形のをつけます。夏から秋にかけて、ピンクのかわいい花を咲かせます。栄養価が高く、糖尿病高血圧などによいとされ、新鮮なサラダ天婦羅、ごま和えなどにします。
ムラサキ科ヒレハリソウ属の多年草で、学名Symphytum officinale。英名は Comfrey
ムラサキのほかの用語一覧
チシャノキ:  苣の木
ハナイバナ:  葉内花
ハマベンケイソウ:  蝦夷瑠璃草
ヒレハリソウ:  コンフリー
ブルンネラ:  ブルンネラ・マクロフィラ
プルモナリア:  プルモナリア
ボラゴ:  ボリジ

コンフリー ムラサキ科

コンフリー
ムラサキ科
収穫時期 食べられる部位
初夏開花期
根は秋に茶色くなった頃
食用できません

芽 葉 花

味わう

平成16年6月厚生労働省より、コンフリーを摂食することで、健康障害が生じるおそれがあるとの発表がありました。よって、食用に関する情報削除しました。

詳細は、下記ページをご覧ください

※シンフィツム(いわゆるコンフリー)及びこれを含む食品の取扱いについて

薬効

 


DATA
明治時代日本渡来したとされ、観賞用、食用薬用などとして多く栽培されてきた。(現在、食用できません。)現在ではほとんど栽培されなくなったが、その一部各地野生化し、道の縁端などに生えようになった
大きく先のとがった細長い卵形をしている。は高さ1mくらい伸び初夏には枝分かれした先に紅紫色小花多くつける。

ヒレハリソウ

(コンフリー から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/05 23:26 UTC 版)

ヒレハリソウ(鰭玻璃草、領巾張草[1]、学名:Symphytum officinale)は、ムラサキ科ヒレハリソウ属の多年生草木である。別名は、英名のコンフリー (Comfrey) で知られている。


  1. ^ a b c d e f 近田文弘監修 亀田龍吉・有沢重雄著 2010, p. 81.
  2. ^ a b c d e f g h i j 田中孝治 1995, p. 108.
  3. ^ a b c d 貝津好孝 1995, p. 64.
  4. ^ a b c d e f g h i 馬場篤 1996, p. 97.
  5. ^ 馬場篤 1995, p. 97.
  6. ^ a b 北野佐久子『基本ハーブの事典』東京堂出版、2005年、46 - 47頁
  7. ^ シンフィツム(いわゆるコンフリー)及びこれを含む食品の取扱いについて(その2)厚生労働省
  8. ^ シンフィツム(いわゆるコンフリー)及びこれを含む食品の取扱いについて厚生労働省
  9. ^ EchimidinePlanta Analytica
  10. ^ 藤井義晴, 「未利用植物の有効利用と調理科学への期待」『日本調理科学会誌』 2008年 41巻 3号 p.204-209, 日本調理科学会, doi:10.11402/cookeryscience1995.41.3_204
  11. ^ I Hirono(廣野 巖). Edible Plants Containing Naturally Occurring Carcinogens in Japan. Jpn J Cancer Res. 1993 Oct;84(10):997-1006. PMID 8226284
  12. ^ 佐竹元吉, 「植物性の健康食品の安全性について」『食品衛生学雑誌』 51巻 6号 2010年 p.408-414, 日本食品衛生学会, doi:10.3358/shokueishi.51.408


「ヒレハリソウ」の続きの解説一覧



コンフリーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コンフリー」の関連用語

コンフリーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



コンフリーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2020, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2020 shu(^^). All rights reserved.
ひだ清見観光協会ひだ清見観光協会
(C)2020 ひだ清見観光協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒレハリソウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS