胡麻竹とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 胡麻竹の意味・解説 

ごま‐だけ【×胡麻竹】

クロチク一品種。幹はやや黒みがかり、黒紫色斑点がある。


胡麻竹

学名:P. nigra f. panctata
和名:ゴマダケ

備考(別名・通称など):クロチクより大型真っ黒にはならない
胡麻竹
ゴマダケ
胡麻竹
クロチクより黒化しないで大型になる。

ごまだけ (胡麻竹)

Phyllostachys nigra cv. Punctata

Phyllostachys nigra cv. Punctata

Phyllostachys nigra cv. Punctata

●「ハチク」の園芸品種で、桿の表面黒ごまを撒いたような黒色斑紋入ります。京銘竹のひとつで、建築用や工芸品お茶道具などに利用されます。別名で「サビタケ(錆竹)」とも呼ばれます。
イネ科マダケ属常緑タケ類で、学名Phyllostachys nigra cv.Punctata。英名はありません。
イネのほかの用語一覧
マダケ:  皺竹・絞竹  真竹  粉緑竹  胡麻竹  花竹  芽黒竹  金明孟宗竹



胡麻竹と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「胡麻竹」の関連用語

胡麻竹のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



胡麻竹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
富士竹類植物園富士竹類植物園
Copyright(C) 2001-2021. Fuji bamboo garden. all rights reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS