羅生門葛とは?

Weblio 辞書 > 生物 > 植物図鑑 > 羅生門葛の意味・解説 

らしょうもんかずら (羅生門葛)

Meehania urticifolia

Meehania urticifolia

Meehania urticifolia

Meehania urticifolia

Meehania urticifolia

Meehania urticifolia

Meehania urticifolia

わが国本州から四国九州、それに朝鮮半島中国分布しています。山地の沢沿いの明る林内生え、高さは2030センチになります卵円形で縁には鈍鋸歯があり、長さ2~3センチ葉柄がつきます。4月から5月ごろ、茎頂穂状花序をだし、きれいな紫色の花を咲かせます。花後、走出枝伸ばし広がります。名前は、花のかたちを羅生門で切り落とされた鬼の腕喩えたもの。
シソ科ラショウモンカズラ属多年草で、学名Meehania urticifolia。英名は Meehan's mint
シソのほかの用語一覧
ヤマハッカ:  黒花引起こし  山薄荷  秋丁字
ラショウモンカズラ:  羅生門葛
ラバンデュラ:  ウーリーラベンダー  スイートラベンダー  ラベンダー


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「羅生門葛」の関連用語

羅生門葛のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



羅生門葛のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2018 shu(^^). All rights reserved.

©2018 Weblio RSS