筋膜炎脂肪織炎症候群とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 筋膜炎脂肪織炎症候群の意味・解説 

筋膜炎脂肪織炎症候群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/09 19:21 UTC 版)

筋膜炎-脂肪織炎症候群(Fasciitis panniculitis syndrome:FPS)は1996年にNaschitzらが提唱した病理組織学的疾患概念で,皮下脂肪組織の葉間結合織、筋膜、筋周囲の炎症性細胞浸潤と膠原線維の増生を特徴とする。1974年にShulmanが高γグロブリン血症と好酸球増多を伴うびまん性筋膜炎としてはじめて報告した古典的な好酸球性筋膜炎はこの中に含まれるが、現在好酸球増多は必須ではないとされている。皮膚硬化やCK値の上昇がある場合は強皮症多発性筋炎と鑑別を要する。




「筋膜炎脂肪織炎症候群」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「筋膜炎脂肪織炎症候群」の関連用語

1
100% |||||

2
50% |||||


筋膜炎脂肪織炎症候群のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



筋膜炎脂肪織炎症候群のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの筋膜炎脂肪織炎症候群 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS