竈猫とは? わかりやすく解説

竃猫

読み方:かまどねこへっついねこ

「竈猫」とは、寒い冬などに炬燵中にもぐったり竈の中に入ったりしているのことを意味する表現。「竈」は「かまど」と読むため、竈猫の読み方は「かまどねこ」である。他方で、「竈」のことを地方によっては「へっつい」とも呼ぶため、結果的に「竈猫」を「へっついねこと呼ぶこともある。

竈猫と俳句

竈猫は冬の季語である。富安風生(1885年1979年)の句として、

何もかも知つてをるなり竈猫

というものが知られている。また近年では竈のある家はかなり少なくなっており、代わりに炬燵猫(こたつねこ)」というのが同じく冬の季語として季題として扱われる

芋焼酎「竈猫」

なお、宮崎県落合酒造場芋焼酎で「竈猫」という銘柄があり、この場合読み方は「へっついねこ」である。

竃猫

読み方:カマドネコ(kamadoneko)

になると寒さきらって、こたつにのったりかまどにもぐって灰だらけになったりするネコのようす

季節

分類 動物



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「竈猫」の関連用語

竈猫のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



竈猫のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS