積ん読とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 積ん読の意味・解説 

積読

読み方:つんどく
別表記:積ん読

本を購入し、「いつか読もう」と思ってはいるものの、まだ読まず放置してある(積んである)状態、あるいはその本意味する語。「積んどく(積んでおく)」に掛けた表現である。

つん‐どく【積ん読】

読み方:つんどく

積んでおく意に読書の「どく」をかけたしゃれ》書物買って積み重ねておくだけで、少しも読まないこと。


積読

(積ん読 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/27 22:55 UTC 版)

ウィクショナリーには、つんどくの項目があります。

積み上げられた本

積読積ん読(つんどく)は、入手した書籍を読むことなく自宅で積んだままにしている状態を意味する言葉である[1][2][3]

概要

「積んでおく」と「読書」のかばん語であるとともに、「積んでおく」の転訛「積んどく」にも掛けている[4]

この言葉が生まれたのは明治時代だとされるが[4]、『書物語辞典』(古典社 1936年発行)に「江戸時代すでに朗読・黙読・積置を書の三読法と称した」とあるように[5]、概念自体は「積読」という言葉が誕生する以前からあったものと思われる。

考案者は田尻稲次郎和田垣謙三など諸説ある[6][7]。普及時期は不明であるが、1879年の小雑誌『東京新誌』に「ツンドク家」「ツンドク先生」の記述があることが確認されている[8]。他にも内田魯庵の随筆『ツンドク先生礼讃』のように、明治から昭和初期には仮名で「ツンドク」と表記されていた[9][10]室山まゆみの漫画『あさりちゃん』の単行本第8巻(1982年)にも「積ん読」として、同様の意味で登場している。

ビブリオフィリアビブリオマニアなどの類語は存在するが、日本語以外で同様の概念・習性を表す言葉はなく、2010年代に「tsundoku」として英国などで広まった[4]。エラ・フランシス・サンダースによる『翻訳できない世界のことば』でも「木漏れ日」「わびさび」などと共に、多国語ではニュアンスをうまく表現できない言葉として紹介されている[11]

アルフレッド・エドワード・ニュートン英語版は「読むことができなくても手に入れた書籍は無限に向かって到達する魂よりも空っぽな1冊の書籍を読む行為より多くの書籍を購入したくなる興奮を生み出す。我々はたとえ読まなくても本のたった一つの存在感が慰めをもたらすし、いつでも手に取れる安心感ももたらしているから本を愛している。」と述べている[12]

脚注

  1. ^ Brooks, Katherine (2017年3月19日). “There’s A Japanese Word For People Who Buy More Books Than They Can Actually Read”. The Huffington Post. https://www.huffingtonpost.com/entry/theres-a-japanese-word-for-people-who-buy-more-books-than-they-can-actually-read_us_58f79b7ae4b029063d364226 2017年10月16日閲覧。 
  2. ^ Tobar, Hector (2014年7月24日). “Are you a book hoarder? There's a word for that.”. Los Angeles Times. http://www.latimes.com/books/jacketcopy/la-et-jc-book-hoarding-tsundoku-20140724-story.html 2017年10月16日閲覧。 
  3. ^ Tsundoku: The art of buying books and never reading them”. BBC News. 2018年7月30日閲覧。
  4. ^ a b c ““Tsundoku,” the Japanese Word for the New Books That Pile Up on Our Shelves, Should Enter the English Language”. Open Culture. (2014年7月24日). http://www.openculture.com/2014/07/tsundoku-should-enter-the-english-language.html 2017年10月16日閲覧。 
  5. ^ 書物語辞典 3頁 訂正表
  6. ^ 雑誌『學燈』第54号(1901年)で田尻北雷「書籍つんどく者を奨説す」を紹介。参考:丸善100年史 (PDF)
  7. ^ 書物語辞典 99頁 古典社 1936年
  8. ^ 森銑三著『閑読雑抄』
  9. ^ 『紙魚繁昌記 魯庵随筆』内田魯庵
  10. ^ 日米タイムズ 1925年10月30日号
  11. ^ エラ・フランシス・サンダース 著、前田まゆみ 訳 『翻訳できない世界のことば』創元社、2016年4月20日、90-91頁。ISBN 978-4422701042 
  12. ^ "A quote on bibliomania"

積ん読

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 23:37 UTC 版)

和語の漢字表記

つんどく

  1. つんどく 参照

「積ん読」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「積ん読」の関連用語

積ん読のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



積ん読のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの積読 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの積ん読 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS