短期プライムレートとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 金融 > 優遇金利 > 短期プライムレートの意味・解説 

短期プライムレート

読み方:たんきプライムレート
別名:短プラ新短期プライムレート新短プラ
英語:short-term prime rate

金融機関優良企業に対して短期融資する際の金利のこと。返済期限はおよそ1年以内とされる

短期プライムレートは、大手都市銀行、あるいは、地方銀行貸出金利基準とし、貸出先企業信用度に応じた金利上乗せして決められることが多い。なお、1989年以前は、公定歩合基準とし、貸出先企業信用度に応じた金利上乗せして決められていた。1989年以前1989年以降区別するために、1989年以降を特に「新短期プライムレート」、「新短プラということがある。

ちなみに、短期プライムレートに対して金融機関優良企業に対して1年上の長期わたって融資する際の金利長期プライムレートという。

短期プライムレート

金融機関短期貸し出し標準金利のこと。「短プラ」と略称される。従来公定歩合連動していたが、金融自由化に伴い、現在では市場金利弾力的連動させる新短期プライムレート導入されている。

プライムレート

(短期プライムレート から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/01/20 07:23 UTC 版)

プライムレート: Prime rate)とは経済学用語の一つ。銀行企業に対して融資をする際に最も優遇された金利のことを言う。銀行がプライムレートで貸し出す先となる企業は、銀行がそれを最も信用できる優良企業であると判断したがゆえである。ゆえに銀行から融資を受ける際の金利は、信用の度合いに応じて低くなるということである。このプライムレートというのは短期プライムレートと長期プライムレートというものに分類され、前者が概ね1年未満の貸し出し期間であり後者は1年以上の貸し出し期間である。




「プライムレート」の続きの解説一覧



短期プライムレートと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「短期プライムレート」の関連用語

短期プライムレートのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



短期プライムレートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
SUUMO(スーモ)SUUMO(スーモ)
COPYRIGHT 2020 RECRUIT CO.,LTD
リクルート SUUMO(スーモ)住宅用語大辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのプライムレート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS