浜爪草とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > 浜爪草の意味・解説 

はまつめくさ (浜爪草)

Sagina maxima

Sagina maxima

わが国各地をはじめ、朝鮮半島中国分布しています。海岸砂地や岩礫地に生え、高さは5~20センチになります。「つめくさ」に似ていますが、太く厚く多肉質なのが特徴です。5月から8月ごろ、小さな白色の花を咲かせます。花弁先端は切れ込まず、柱頭は5個あります果実蒴果で、裂開すると種子見えます。
ナデシコ科ツメクサ属の一年草または多年草で、学名Sagina maxima。英名はありません。
ナデシコのほかの用語一覧
タカネツメクサ:  高嶺爪草  細葉爪草
ツメクサ:  爪草  浜爪草
ナデシコ:  カーネーション  ディアンツス・アルピヌス  ディアンツス・グラキアリス

浜爪草

読み方:ハマツメクサ(hamatsumekusa)

ナデシコ科一年草多年草

学名 Sagina maxima




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

浜爪草のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



浜爪草のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2019 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS