権利外観法理とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法概念 > 法理 > 権利外観法理の意味・解説 

権利外観法理(けんりがいかんほうり)

民法基本用語に関わる用語

真実権利権限がないにもかかわらず外形上はそのような権利権限あるかのように見える状態(外観)を作り出した者は、その外観真実であると信じて取引をした者に対して、その外観に基づく責任を負うべきであるとする理論取引の安全・迅速性資することを目的とした理論


» 法テラス・法律関連用語集はこちら

権利外観理論

(権利外観法理 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/09/22 08:39 UTC 版)

権利外観理論(けんりがいかんりろん、ドイツ語: Rechtsscheintheorie )とは、真実と異なる外観が存在し、真の権利者にその外観作出についての帰責性がある場合、その外観を信頼した第三者を保護するために外観どおりの法律上の効果を認める法理論のことである。




「権利外観理論」の続きの解説一覧



権利外観法理と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「権利外観法理」の関連用語

権利外観法理のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



権利外観法理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2020 Houterasu All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの権利外観理論 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS