桃始笑とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 桃始笑の意味・解説 

桃始笑

読み方:ももはじめてさく

七十二候一つ二十四節気啓蟄次候にあたり3月10日3月14日ごろに相当する。季節仲春。桃始笑は、それ自体としては「桃の花咲き始める」などといった意味。また、啓蟄初候は「蟄虫啓戸と言い末候は「菜虫化蝶と言う。なお、桃始笑は「略本暦」における呼び名であり、元となった中国宣明暦では「倉庚鳴」と呼ばれ、「山里鳴き始める」などといった意味である。

桃始笑

作者

収載図書私説三国志 天の華・地の風 完全版 10
出版社ブッキング
刊行年月2008.4
シリーズ名fukkan.com



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「桃始笑」の関連用語

桃始笑のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



桃始笑のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2019 Weblio RSS