投りこみ面とは?

Weblio 辞書 > スポーツ > 剣道用語 > 投りこみ面の意味・解説 

投りこみ面(ほりこみめん) 〈投りこみ小手〉

投りこむという言葉剣道的には非常に邪道聞こえるが、これは打突内容至極ところを実によく表現している。
現在の剣道打突端に言えば自分の腕で竹刀を運んでいるので竹刀ブレーキがかかり、スピードも鈍り打ち冴えも出ない。ところがこれを投りこむように腕の力を抜いて投げつければ、スピードも出るし、楽に打てて技もよく決まる。思い切り投りこんでその最後ところを小指でしめて太刀流れないように極めるだけである。その緊張緩急の指の使い方が手の裡である。上手の人程楽に打っ冴えが出るのはそのためである。よくよく吟味工夫すべきことだろう。片手突きを突いて見ればその機微のところがよく分かる


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

投りこみ面のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



投りこみ面のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
たのもうや@武道具店たのもうや@武道具店
Copyright(c)2020 SHOJI Martial Arts Equipments Shop All rights reserved.
たのもうや@武道具店剣道用語辞典

©2020 Weblio RSS