手当 (民間企業)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 手当 (民間企業)の意味・解説 

手当 (民間企業)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/04/25 09:45 UTC 版)

手当(てあて)とは、給与において基本の給料のほかに諸費用として支払われる金銭である。日本の民間企業の例では、扶養手当、地域手当、住居手当、通勤手当、資格手当、役職手当、時間外手当などがある。各種手当についてはその企業の就業規則で定められており、その有無・支給額は企業ごとに異なる。なお、賞与はこれらの手当とは別枠とみなされる場合が一般的である。




「手当 (民間企業)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「手当 (民間企業)」の関連用語

手当 (民間企業)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



手当 (民間企業)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの手当 (民間企業) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS