所狭しとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 形容詞 > 形容詞ク活用 > 所狭しの意味・解説 

所狭し

読み方:ところせまし
別表記:ところ狭し処狭し

ものが一杯、場所や空間占めているさま。ぎゅうぎゅう詰めになっているさま。

ところ せ・し 【所狭し】

( 形ク )
空間を物が占めていて、場所が狭い。いっぱいだ。残された余地少ない。 「屯食とんじき)、禄の唐櫃どもなど、-・きまで/源氏 桐壺
精神的に窮屈だ。気づまりだ。 「(天皇トイウ)よろづ-・き御ありさまよりは、なかなか安らかに/増鏡 おどろの下
堂々としている。重々しく立派である。 「いで給ふ気色-・きを、人々端に出て見奉れば/源氏 紅葉賀
おおげさだ。仰山だ。大層だ。 「ただ近き所なれば、車は-・し/堤中納言 はいずみ
扱いにくい。めんどうだ。難儀だ。うっとうしい。 「雨降り出でて-・くもあるに/源氏 末摘花


所狭し

読み方ところせまし

ク活用形容詞「所狭し」の終止形
「所狭し」の口語形としては、形容詞所狭い」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「所狭し」の関連用語

所狭しのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



所狭しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary

©2020 Weblio RSS