心頭滅却すれば火もまた涼しとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 心頭滅却すれば火もまた涼しの意味・解説 

心頭(しんとう)を滅却(めっきゃく)すれば火(ひ)も亦(また)涼(すず)し


快川紹喜

(心頭滅却すれば火もまた涼し から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/19 23:05 UTC 版)

快川 紹喜(かいせん じょうき、1502年文亀2年〉[1] - 1582年4月25日天正10年4月3日〉)は、戦国時代から安土桃山時代にかけての臨済宗妙心寺派(いみな)は紹喜(じょうき)。字は快川。


  1. ^ 横山 2011, pp. 49–51.
  2. ^ 横山 2011, p. 214.
  3. ^ 平山 2014, pp. 37–38.
  4. ^ 平山 2014, p. 38.
  5. ^ 小和田哲男 『明智光秀と本能寺の変』(Kindle版) PHP研究所〈PHP文庫〉、2014年、102頁。 
  6. ^ 大辞林、p.1247、第6刷、1989年2月1日発行、三省堂
  7. ^ 日本国語大辞典、第11巻(しょた - せこん)、p.226、第1版第2刷、1976年4月1日発行、小学館
  8. ^ 新明解国語辞典、第4版第10刷、p.645、1992年3月20日発行
  9. ^ 心頭を滅却すれば火もまた涼し 倫敦巴里、2008年7月14日


「快川紹喜」の続きの解説一覧

「心頭滅却すれば火もまた涼し」の例文・使い方・用例・文例

  • 心頭滅却すれば火もまた涼し.
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

心頭滅却すれば火もまた涼しのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



心頭滅却すれば火もまた涼しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの快川紹喜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS