大引きとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 大引きの意味・解説 

おお びき おほ- [0]大引き

めくりカルタ三人でするとき、最後にをめくる番の者。
土台束柱の上にあって、床下根太ねだ)を支え横木尾引き。

大引き

【用  語】大引き
よみがなおおびき
【意  味】
 床の構造一部根太支えてその目方地面伝え役目をします。通常90程の間隔で入れ、根太直交するよう配置します。大体9角くらいの部材です。

※建築CAD「ARCHITREND Z」で利用できる、メーカー建材データダウンロードサイトはこちら
>>「Virtual House.NET」

大引き

木造床組部材で、根太支えるための横材。一般的には9~12cm角程度角材使用され、90cm間隔程度土台などにけ渡される。

大引き(おおびき)

1階床根太を受ける横架材。3~4寸角材、または2インチ厚の材を3張り合わせて使われることが多い。通常、90cm(3尺)ほどのスパン渡し、下から束で支えられ、端は土台または大引き受けに載せ架ける



大引きと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大引き」の関連用語

大引きのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大引きのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
福井コンピュータ福井コンピュータ
(C) 1996-2020 FUKUI COMPUTER Inc. All rights reserved.
福井コンピュータ株式会社建築用語大辞典
リフォーム ホームプロリフォーム ホームプロ
Copyright(c)2001-2020 HOMEPRO CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集

©2020 Weblio RSS