団粒構造とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 状態 > 団粒構造の意味・解説 

だんりゅう‐こうぞう〔ダンリフコウザウ〕【団粒構造】


団粒構造

細かい土の粒子が集まって1cmくらいまでの塊になった構造小さな粒の間には含み大きな粒と粒の間には空気を含んで水はけよいため保水排水通気性優れ植物栽培向いている。

土壌改良

(団粒構造 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/21 19:51 UTC 版)

土壌改良(どじょうかいりょう)とは、耕作に不適な土壌を改良し、圃場の地力(生産力)を増進させるために、土地に資材を投入して土壌の理化学性および生物性を改良することである。地盤改良とは異なる。


  1. ^ 川口桂三郎「土壌改良剤」、『化学と生物』第1巻第3号、日本農芸化学会、1962-1963、 137-142頁、 doi:10.1271/kagakutoseibutsu1962.1.3_137
  2. ^ 江川友治「土壌改良剤 フミン酸系の資材を中心に」、『燃料協会誌』第42巻第9号、日本エネルギー学会、1963年、 620-627頁、 doi:10.3775/jie.42.9_620
  3. ^ 土づくりQ&A 環境・土壌の物理性編 Q-07 土壌の三相分布とは?”. ホクレン農業協同組合連合会. 2017年7月21日閲覧。
  4. ^ 吉田吉明 (2009年8月4日). “美味しい農産物と土づくり 土壌診断にもとづく土づくりと効率的な施肥 第6回 露地野菜・畑作の土壌診断と土づくり(2)”. 農業協同組合新聞. 農協協会. 2017年7月21日閲覧。
  5. ^ 土壌の世界 どんな構造になっているの”. 国立科学博物館. 2017年7月20日閲覧。


「土壌改良」の続きの解説一覧



団粒構造と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「団粒構造」の関連用語

団粒構造のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



団粒構造のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
園芸ネット園芸ネット
(c) copyright 1999-2021 engei.net all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの土壌改良 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS