同じ釜の飯を食うとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 同じ釜の飯を食うの意味・解説 

同(おな)じ釜(かま)の飯(めし)を食(く)・う

読み方:おなじかまのめしをくう

生活を共にした親しい仲間であることのたとえ。「—・った仲」


同じ釜の飯を食う

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/26 13:47 UTC 版)



同じ釜の飯を食う

出典:『Wiktionary』 (2018/03/31 15:38 UTC 版)

成句

う(おなじかまのめしをくう
  1. 同じ共同体同じもの食べることによって、同体としての帰属意識を持つこと。あるいはそれを強化すること。
  2. ある程度の期間、他人同士が同じ家で起居を共にする、ないし、学校職場軍隊生活共にする

類義語

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

同じ釜の飯を食うのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



同じ釜の飯を食うのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの同じ釜の飯を食う (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの同じ釜の飯を食う (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS