単純賭博罪とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 単純賭博罪の意味・解説 

単純賭博罪

読み方:たんじゅんとばくざい
別名:単純とばく罪

常習的ではない賭博行為に対してせられる罪名

単純賭博罪は、刑法185条により「賭博をした者は、五十万円以下の罰金又は科料処する。ただし、一時娯楽供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。」と規定されている。

賭博罪には、単純賭博罪と常習賭博罪2種類があり、単純賭博罪の方が刑は軽い。例えば、初め賭博を行った者や年に数回程度賭博を行っている者に対しては単純賭博罪が適用されることが多い。一方日常的賭博を行っている者は、賭博常習罪が適用される

単純賭博罪の但し書きの「一時娯楽供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。」は、例えば、麻雀ジュース賭けたり、サッカー試合お菓子を賭けたりする場合で、これらは単純賭博罪には該当しない。

関連サイト
刑法 - e-Gov




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「単純賭博罪」の関連用語

単純賭博罪のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



単純賭博罪のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2018 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2018 Weblio RSS