南魚沼市バイオマスタウン構想とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 南魚沼市バイオマスタウン構想の意味・解説 

南魚沼市バイオマスタウン構想

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/12 10:15 UTC 版)

南魚沼市バイオマスタウン構想(みなみうおぬましばいおますたうんこうそう)とは、環境共生を謳い、豊かな自然環境の保全と活用を図り、持続可能な循環型社会の構築を推進することを目的としている。


  1. ^ バイオマス事業化戦略検討チーム”. 農林水産省. 2012年3月20日閲覧。
  2. ^ バイオマス&エネルギー expo in 新潟”. イネ原料バイオエタノール地域協議会(JA 全農) (2012年3月1日). 2012年3月20日閲覧。
  3. ^ O-3 潜在能力を100%活かした高機能型セルラーゼ高生産トリコデルマ•リーセイ株の構築研究”. 長岡技術科学大学. 2012年3月20日閲覧。


「南魚沼市バイオマスタウン構想」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「南魚沼市バイオマスタウン構想」の関連用語

南魚沼市バイオマスタウン構想のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



南魚沼市バイオマスタウン構想のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの南魚沼市バイオマスタウン構想 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS