中村史邦とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 芭蕉関係人名集 > 中村史邦の意味・解説 

中村史邦

なかむらふみくに

中村右衛門尾張犬山出身で、若い頃には中村春庵と名乗って、犬山藩侍医であった。その後京都所司代与力職。 元禄6年秋に与力辞職して江戸へ出る。京都蕉門一人去来丈草らと入魂。『去来宛書簡』に話題がある。『嵯峨日記執筆時の去来落柿舍滞在中に芭蕉訪問した記録がある。

史邦の代表作



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中村史邦」の関連用語

中村史邦のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



中村史邦のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
芭蕉DB芭蕉DB
Copyright (C) 2019 芭蕉DB All rights reserved.

©2019 Weblio RSS