メネラウスの定理とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 理論・法則 > 定理・公理 > 定理 > メネラウスの定理の意味・解説 

メネラウスの定理

ABC1つ直線で切り,辺BCCAAB またはその延長との交点をP,Q,R とすれば

[数式]

がなりたつ

これをメネラウスの定理という。

[図]

逆に、△ABC の3辺BCCAAB またはその延長上の点をP,Q,R とするとき,外分点の数が奇数であって,かつ ① がなりたてば,3点P,Q,R は1直線上にある

(メネラウスの定理の逆)

参考

メネラウスの定理

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/23 17:04 UTC 版)

メネラウスの定理(めねらうすのていり、: Menelaus' theorem)とは、幾何学定理の1つである。アレクサンドリアのメネラウス英語版にちなんで名付けられた。




「メネラウスの定理」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「メネラウスの定理」の関連用語

メネラウスの定理のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



メネラウスの定理のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
数理検定協会数理検定協会
Copyright©2019 数理検定協会 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメネラウスの定理 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS