ブルーライトハザードとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > ブルーライトハザードの意味・解説 

ブルーライトハザード

【英】blue-light hazard

ブルーライトハザードとは、ブルーライト呼ばれる光を長時間続けることで生じ得る健康被害の危険を指す語である。特に、網膜損傷青色光網膜傷害)を指すことが多い。

ブルーライト青色の光のことであり、青色の光は可視光の中で波長が短く、その分だけ高エネルギーである。PCディスプレイ長時間続けると、ブルーライト網膜が傷つけられ、視力低下を招いたり、目の疲労VDT症候群を引き起こされたりする可能性がある。

ブルーライトハザードの危険を低減するための製品として、ブルーライトカットする効果をうたったメガネや、スマホ液晶保護フィルムなども販売されている。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブルーライトハザード」の関連用語

ブルーライトハザードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブルーライトハザードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリブルーライトハザードの記事を利用しております。

©2020 Weblio RSS