フルムダンベールとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 食べ物 > 料理 > チーズ > フルムダンベールの意味・解説 

フルムダンベール

フルムダンベール

タイプ 青カビ 原産国 フランス
容量 200g 乳種
フルムダンベール

塩味弱く穏やかでクリーミー、あと味は比較的さっぱり。茶筒のような形で、外側赤茶色、通常輪切りにして売られている。赤ワインと合うチーズです。黄桃缶詰合わせても。



フルム・ダンベール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/18 20:08 UTC 版)

フルム・ダンベールフランス語: Fourme d'Ambert)は、フランスオーヴェルニュ地域圏ピュイ=ド=ドーム県全域およびカンタル県の一部、そして隣接するローヌ=アルプ地域圏ロワール県で生産される、牛乳を原料としたブルーチーズ[3]。フルム (Fourme) は「型」を意味する forme が語源で、これはさらにギリシア語の formos, ラテン語の forma を語源とする[5][6]。ダンベールは地名のアンベールである[2]。「高貴な青カビ」と言われ[7]、日本におけるブルーチーズの嗜好としては「ロックフォールと人気を二分」などと評される[8]


  1. ^ 以下「基本情報」欄は、特記の無い限り下記文献(本間, 増井 & 山田 2009, pp. 84-85)による。
  2. ^ a b c d e 本間るみ子; 増井和子; 山田友子、文藝春秋編、 『チーズ図鑑』182巻 (7版) 株式会社文藝春秋〈文春新書〉、2009年、84-85頁。ISBN 4-16-660182-2 
  3. ^ a b c d e f g h i j k 日仏料理協会編 『フランス 食の事典(普及版)』 株式会社白水社2007年、538頁。ISBN 978-4-560-09202-6 
  4. ^ Fourme d’Ambert”. fromages-aop-auvergne.com. 2014年10月13日閲覧。
  5. ^ 前掲 (日仏料理協会 2007, p. 537)。
  6. ^ 本間, 増井 & 山田 2009, p. 85、チーズを意味するフランス語フロマージュ (Fromage) はこのフルムが語源とも言われる。
  7. ^ a b c フルム・ダンベール”. 雪印メグミルク. 2014年10月13日閲覧。
  8. ^ a b c d e f g h i j 本間るみ子、主婦の友社編、 『チーズの選び方 楽しみ方』 株式会社主婦の友社、2012年、88頁。ISBN 978-4-07-285215-6 
  9. ^ 前掲 (日仏料理協会 2007, p. 191)。
  10. ^ フルム・ド・モンブリゾンAOC”. オーダーチーズ・ドットコム. 2014年10月13日閲覧。
  11. ^ Ambert”. Cheese.com. 2014年10月13日閲覧。
  12. ^ 前掲 (本間, 増井 & 山田 2009, p. 31)。
  13. ^ a b フルム ダンベール”. チーズとワイン. サントリー (2008年). 2014年10月13日閲覧。
  14. ^ a b c Fourme d'Ambert”. formaggio.it. 2013年6月12日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年10月13日閲覧。
  15. ^ 前掲 (本間 2012, p. 81)。


「フルム・ダンベール」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フルムダンベール」の関連用語

1
38% |||||

フルムダンベールのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フルムダンベールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本マイセラ日本マイセラ
COPYRIGHT© CHEESE CLUB.
チーズ一覧
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフルム・ダンベール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS