フライトガードとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > フライトガードの意味・解説 

フライトガード

英語:flight guard

ダーツ後部取り付けるアルミニウムでできているハーツのこと。

フライト・ガード

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/11 00:16 UTC 版)

フライト・ガード(Flight Guard)は、携帯式防空ミサイルシステム(MANPADS)から民間航空機を保護するためイスラエルエルタ・システムズが開発した、航空機に搭載する機器のブランド名。


  1. ^ Missile defense for El Al fleet”. CNN.com (2004年5月24日). 2020年2月5日閲覧。
  2. ^ El Al Fits Fleet with Anti-Missile System”. defensenews.com. (2012年7月28日). 2020年2月5日閲覧。[リンク切れ]
  3. ^ a b Elta supplies Flight Guard anti-missile system to Sri Lankan Air Force”. BBC (2002年12月6日). 2020年2月5日閲覧。
  4. ^ Kenyan police find Mombasa missiles”. CNN.com (2004年5月24日). 2020年2月5日閲覧。
  5. ^ Swiss 'foiled hit on Israeli jet'”. BBC (2006年6月8日). 2020年2月5日閲覧。
  6. ^ ELOP MUSIC/C-MUSIC”. Elbit Systems. 2020年2月5日閲覧。
  7. ^ Israel to Fund System to Protect Commercial Aircraft from Missiles”. Defence Talk.com (2007年10月12日). 2020年2月5日閲覧。
  8. ^ レーザーを発射するイスラエルの民間航空機(動画)”. WIRED (2014年3月4日). 2020年2月5日閲覧。
  9. ^ a b French President Macron’s Plane Protected by Israeli Anti-Missile System”. the Algemeiner (2020年1月23日). 2020年1月27日閲覧。
  10. ^ Elbit Systems to provide J-MUSIC systems for Germany’s A400M aircraft”. AirFoce Technology (2019年6月21日). 2020年2月5日閲覧。
  11. ^ “Elbit Systems to Supply DIRCM Systems to the Italian Air Force” (プレスリリース), Elbit Systems, (2011年6月22日), http://ir.elbitsystems.com/phoenix.zhtml?c=61849&p=irol-newsArticle&ID=1576824&highlight= 2020年2月5日閲覧。 
  12. ^ Saab's Civil Aircraft Missile Protection System CAMPS to Flymex”. (プレスリリース)SAAB (2011年3月18日). 2020年2月5日閲覧。
  13. ^ 米旅客機にミサイル防衛システム導入を検討”. WIRED (2014年1月14日). 2020年2月5日閲覧。


「フライト・ガード」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フライトガード」の関連用語

フライトガードのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フライトガードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフライト・ガード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS