フェロシアン化鉄とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > フェロシアン化鉄の意味・解説 

フェロシアン化鉄

読み方:フェロシアンかてつ

化合物。「紺青」(プルシャンブルー)と呼ばれる深い青色顔料主成分

2011年4月15日現在、このフェロシアン化鉄が放射性物質セシウム吸着する働きのあることから、水中放射能汚染吸着除去する材料として活用できる手法開発されたと報じられ、注目集めている。

セシウム放射性セシウム)は、放射性ヨウ素などと並び原発事故などで飛散しやすく、周辺影響を及ぼしやすいヨウ素半減期8日と、短期間で危険度が下がるが、セシウム半減期が約30年長期わたって放射能持ち続ける。

放射性物質除去方法としては、フェロシアン化鉄を汚染水に溶かして中のセシウム吸着させ、セシウムごとフェロシアン化鉄を分離するという手順が取られる。海洋汚染懸念されている福島第一原子力発電所冷却水として使うなど、用途検討されている。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フェロシアン化鉄」の関連用語

フェロシアン化鉄のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フェロシアン化鉄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2020 Weblio RSS