フィトメナジオンとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 化学物質辞書 > フィトメナジオンの意味・解説 

フィロキノン

分子式C31H46O2
その他の名称:メフィトン、モノ-ケイ、フィロキノン、フィトナジオンビタミンK1、アクアメフィトン、フィトメナジオン、3-フィチルメナジオン、ビタミンK1(20)、K-Ject、Mephyton、Mono-Kay、Vitamin K1、Aquamephyton、Phytonadione、Phylloquinone、Phytomenadione、3-Phytylmenadione、Vitamin K1(20)、2-Methyl-3-[(2E,7R,11R)-3,7,11,15-tetramethyl-2-hexadecenyl]-1,4-naphthoquinoneケーワン、カチーフN、Kativ N、ジンテックスP、キナジオン、Kaywan、2-Methyl-3-[(2E,7R,11R)-3,7,11,15-tetramethyl-2-hexadecenyl]-1,4-naphthalenedione、2-Methyl-3-phytyl-1,4-naphthoquinone、trans-ビタミンK1、trans-Vitamin K1、α-フィロキノン、α-Phylloquinone、2',3'-trans-ビタミンK1、2',3'-trans-Vitamin K1、アンチヘモラジックビタミン、Antihemorrhagic vitamin、コンビナルK1、Combinal K1、カナキオン、Kanakion、ケフトン、Kephton、Kinadion、コナキオン、Konakion、NSC-270681、モノジオン、Monodion、オラケイ、Orakay、ペジアトリコ、Pediatrico、フィロキノンK1Phylloquinone K1、フィチルメナジオン、Phytylmenadione、フィチルメナキノン、Phytylmenaquinone、Synthex P、trans-フィロキノン、trans-Phylloquinone、ベダK1Veda K1ベタK1、Veta K1、ユニビタンK1、Univitan K1
体系名:2-メチル-3-[(2E,7R,11R)-3,7,11,15-テトラメチル-2-ヘキサデセニル]-1,4-ナフタレンジオン、2-メチル-3-[(2E,7R,11R)-3,7,11,15-テトラメチル-2-ヘキサデセニル]-1,4-ナフトキノン、2-メチル-3-フィチル-1,4-ナフトキノン


フィロキノン

(フィトメナジオン から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/07 05:51 UTC 版)

フィロキノン(Phylloquinone)は、ナフトキノン骨格をもつ化合物の1つ。光合成装置のうち光化学系Iにおいて電子伝達体として機能する。また動物体内ではガンマグルタミルカルボキシラーゼ補因子として働くことから、ビタミンK1とも呼ばれる。




「フィロキノン」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フィトメナジオン」の関連用語

1
フィロキノン 化学物質辞書
16% |||||

フィトメナジオンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フィトメナジオンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフィロキノン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS