ハイ ワンナーとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ハイ ワンナーの意味・解説 

ハイ ワンナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/27 07:23 UTC 版)

フルネーム
ハイ ワンナー
生年月日
1986(昭61)年8月5日
国籍
カンボジア王国
尊敬する人物
好きな言葉
"A child without education, is like a bird without wings." by Tibetan Proverb

私は1986年にカンボジアで生まれ、現在29歳です。2008年3月10日に来日し、現在8年目を迎えています。日本語学校卒業後、デジタルハリウッド大学を卒業し、デジタルコンテンツを専攻していました。大学在学中にはインターンシップで人材紹介サービスに特化した会社設立に携わり、卒業後は埼玉県にある不動産会社にシステムエンジニアとして勤めました。

2014年4月からは日本人の友人と人材紹介サービスの会社を合同で代表取締役となり立ち上げました。現在は太陽光やパーム油を使用したバイオマス発電に焦点をあてた専門的な仕事をしています。またその一方でASEAN Youth Organizationの代表をつとめています。

ニュース関連

Ozy.com

Cambodiadaily.com

Sabay.com

PhnomPenhPost.com

Cambodiadaily.com


ハイ・ワンナー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/18 12:21 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search

ハイ・ワンナー(Vanna Hay、1986年 - )は、カンボジア政治活動家、エネルギー専門家。

人物

  • 1986年、カンボジア王国、コンポンチャム県生まれ。
  • 2008年3月10日から日本に在住。
  • デジタルハリウッド大学卒業、デジタルコンテンツ専攻。
  • 大学卒業後、埼玉県内の不動産会社にフルタイムの従業員として約11ヶ月間入居。
  • 2014年4月にAC Corporation KKを設立。
  • VACS International Inc.を設立。
  • 現在社長は辞任。
  • ASEANコミュニティーとボランティア。
  • 2014年、カンボディア学生協会(ASEAN Community)とカンボジア学生協会(Cambodian Students Association)顧問。

経歴

  • 1992年:Lviekrom小学校入学。
  • 2000年:スーダン中学校入学。
  • 2003年:Sereymongkol高校入学。
  • 2006年:法学と経済学のロイヤル大学入学(RULE)
  • 2007年:RULE English Libraryで図書館員として働く。
  • 2008年:読売奨学金を授与し、新聞を配布しながら東京日本語センターに入学。
  • 2009年:デジタルハリウッド大学入学。
  • 2010年:日本のASEAN青少年ネットワークに事務局として参加。
  • 2011年:カンボジアの管理者としてASEANコミュニティに加盟、現在は社長に任命されている。
  • 2012年:東京で2日1泊のJ-SSEAYPプログラムに参加。
  • 2013年:1回目のIDYF(東京都)に参加。
Inforance Inc.でインターンシップを行い、Next Stage Asia Co.、Ltd.設立支援。
経済産業省(METI)に参加しているコフェスタ大使。
  • 2013年:エンジニアとしてAZプランニング株式会社に勤務。
  • 2013年:ASEANコミュニティ - 日本を設立。
  • 2014年:VACS Internationalを共同設立。
  • 2015年:再生可能エネルギーに焦点を当てた新しいキャリアを開始。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハイ ワンナー」の関連用語

ハイ ワンナーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ハイ ワンナーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハイ ワンナー (改訂履歴)、ハイ・ワンナー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS