ヌアザとは? わかりやすく解説

ヌアザ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/11 21:39 UTC 版)

ヌアザ(Nuadha、ヌァザ、ヌァダ)は、ケルト神話に登場するの一柱で、トゥアハ・デ・ダナーン(ダーナ神族)の王。その名は「幸運をもたらす者」「雲作り」[2]を意味する[疑問点]。英語ではヌアダNuada)。銀の腕アガートラームAirget-lamh)または アガートラムAgateram)の別名を持ち、合わせて銀腕のヌアザ(ヌアザ・アガートラーム)とも称される。ブリトンではノドンスと呼ばれた神がヌアザに相当する神であると考えられている[3]


  1. ^ BBC n.d.
  2. ^ a b グリーン 1997, p. 27.
  3. ^ ジョーンズ 2005, p. 135.
  4. ^ グリーンは、ヌアザは長年の抗争に既に気力を失っており、フォモールとの戦いを煽ったのはルーであるとしている(グリーン 1997, p. 27)
  5. ^ Findias.校訂本二ではフィニアス(Finnias)。
  6. ^ 「剣」はルーの物であり、ゴリアスからもたらされたとする異聞が韻文に残されている。(Macalister 1941, pp. 250–251)[1]
  7. ^ Macalister 1941, pp. 106–107,¶305. [2]
    Macalister 1941, pp. 144–145,¶325. [3]
    Macalister 1941, pp. 168–169,¶357. [4]
    校訂本三は、この剣が持つ毒のために何者もこの剣から逃れることはできないとしている。
  8. ^ 中央大学人文科学研究所 1991, pp. 241–243.
  9. ^ "cloidim","cloidheam","claideb"とも。
  10. ^ スリッズ、スイッズとも転写される。
  11. ^ シーズとセヴェリスの物語英語版』の表題の人物シーズ(Lludd)はシーズ・サウエレイントと同名であるが、同一人物であるかは不明である。
    マッカーナは「[両者を]引き離すことは難しい」と二者の同一性を消極的に肯定している(マッカーナ 1991, p. 136)。
  12. ^ Nudd ニュッドとも転写される。
  13. ^ a b マイヤー 2001, p. 115.
  14. ^ リース 2001, p. 639.


「ヌアザ」の続きの解説一覧




固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヌアザ」の関連用語

ヌアザのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ヌアザのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヌアザ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS