サイドインパクトバーとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 大車林 > サイドインパクトバーの意味・解説 

サイドインパクトバー

英語 side impact bar

自動車側面衝突を受ける事故では、乗員保護するキャビン剛性はドアパネルやセンターピラーで受け持つ。しかし、ドアパネルは0.8mm前後鋼板アウターパネルインナーパネル接合した構造であり、側面からの強い衝突に対して抗力が低く、キャビン圧迫して乗員ダメージ与えることが多い。アメリカでは自動車安全基準車両側面衝突対す圧壊抵抗力規定し、1973年から実施されている。その結果、ドアパネル内にはサイドインパクトバー、サイドドアビーム、プロテクションビーム、リーンホースメントなどと呼ばれる補強材取り付けられることになった。

サイドインパクトバー

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「サイドインパクトバー」の関連用語

サイドインパクトバーのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



サイドインパクトバーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.

©2019 Weblio RSS