カラマツマダラメイガとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 森林生物図鑑 > カラマツマダラメイガの意味・解説 

カラマツマダラメイガ

和名:カラマツマダラメイガ
学名Cryptoblabes loxiella Ragonot, 1887
    チョウ目ハマキガ
分布北海道本州インドなど
 
写真(上):カラマツマダラメイガ成虫
説明
成虫体長18〜22mm。幼虫が主にカラマツ球果食害するが,ナラウルシ等も食べる。幼虫粗皮割れ目等で越冬成虫羽化5月下旬7月上旬。針合わせたなかに産卵する。孵化幼虫当初群棲し,のちに分散する。しばしば大発生する。発生が多ければ,若齢幼虫対すくん煙剤,DEPNACなどが有効。
カラマツマダラメイガ成虫



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

カラマツマダラメイガのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カラマツマダラメイガのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
森林総合研究所森林総合研究所
(C) Copyright 2019 Forestry and Forest Products Research Institute, All right reserved

©2019 Weblio RSS