アーキテクチャ記述言語とは?

アーキテクチャ記述言語

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/06 13:38 UTC 版)

アーキテクチャ記述言語(Architecture Description Language、ADL)とは、ソフトウェアアーキテクチャシステムアーキテクチャを記述するためのコンピュータ言語または概念モデルである。ソフトウェア開発者がアーキテクチャについてやり取りする場合や、開発者と発注元との認識あわせに使う。またエンタープライズモデリングでも使われる。


  1. ^ ISO/IEC/IEEE 42010 Systems and software engineering — Architecture description”. 2013年4月15日閲覧。
  2. ^ Allen, R.; Garlan, D. (1997). “A formal basis for architectural connection”. ACM Transactions on Software Engineering and Methodology 6 (3): 213. doi:10.1145/258077.258078. ""while these [box-and-line]descriptions may provide useful documentation, the current level of informality limits their usefulness. Since it is generally imprecise what is meant by such architectural descriptions, it may be impossible to analyze an architecture for consistency or determine non-trivial properties of it. Moreover, there is no way to check that a system implementation is faithful to its architectural design."" 
  3. ^ Perry, D. E.; Wolf, A. L. (1992). “Foundations for the study of software architecture”. ACM SIGSOFT Software Engineering Notes 17 (4): 40. doi:10.1145/141874.141884. 
  4. ^ AADL”. 2013年4月15日閲覧。
  5. ^ EAST-ADL”. 2013年4月15日閲覧。
  6. ^ Li, J.; Pilkington, N. T.; Xie, F.; Liu, Q. (2010). “Embedded architecture description language”. Journal of Systems and Software 83 (2): 235. doi:10.1016/j.jss.2009.09.043. 
  7. ^ Using the DiaSpec design language and compiler to develop robotics systems”. 2013年4月15日閲覧。
  8. ^ a b Van Ommering, R.; Van Der Linden, F.; Kramer, J.; Magee, J. (2000). “The Koala component model for consumer electronics software”. Computer 33 (3): 78. doi:10.1109/2.825699. 
  9. ^ Software: Practice and Experience 36 (11–12). (2006). doi:10.1002/spe.v36:11/12. 
  10. ^ TADL”. 2013年4月15日閲覧。
  11. ^ Woods, E.; Hilliard, R. (2005). “Architecture Description Languages in Practice Session Report”. 5th Working IEEE/IFIP Conference on Software Architecture (WICSA'05). pp. 243. doi:10.1109/WICSA.2005.15. ISBN 0-7695-2548-2. 
  12. ^ Pandey, R. K. (2010). “Architectural description languages (ADLs) vs UML”. ACM SIGSOFT Software Engineering Notes 35 (3): 1. doi:10.1145/1764810.1764828. 
  13. ^ Clements, P. C. (1996). “A survey of architecture description languages”. Proceedings of the 8th International Workshop on Software Specification and Design. pp. 16–00. doi:10.1109/IWSSD.1996.501143. ISBN 0-8186-7361-3. 
  14. ^ Garlan_TR”. 2013年4月15日閲覧。
  15. ^ Pérez-Martínez, J. E.; Sierra-Alonso, A. (2004). “UML 1.4 versus UML 2.0 as Languages to Describe Software Architectures”. Software Architecture. Lecture Notes in Computer Science. 3047. pp. 88. doi:10.1007/978-3-540-24769-2_7. ISBN 978-3-540-22000-8. 
  16. ^ Malavolta, Ivano; Lago, Patricia; Muccini, Henry; Pelliccione, Patrizio; Tang, Antony (2012). “What Industry Needs from Architectural Languages: A Survey”. IEEE Transactions on Software Engineering 99. doi:10.1109/TSE.2012.74. 


「アーキテクチャ記述言語」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アーキテクチャ記述言語」の関連用語

アーキテクチャ記述言語のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

シルバー・ストリーク

丹勢山砂防堰堤

ペルビアン・ドワーフホプロ

黒尊川

福徳岡ノ場

オーバーホール

300型

石鎚国定公園





アーキテクチャ記述言語のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアーキテクチャ記述言語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS