ねんぶつおどりとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 世界宗教用語 > ねんぶつおどりの意味・解説 

ねん ぶつおどり -をどり [5] 【念仏踊り】

太鼓・鉦(かね)・瓢(ふくべ)などを打ち鳴らして、念仏和讃唱えながら踊ること。また、その踊り空也に始まるといわれ、鎌倉時代一遍時宗僧侶遊行ゆぎよう)に用いられて全国流行した。のち芸能化して、江戸時代には女歌舞伎にも取り入れられた。また、盆踊り源流といわれる踊り念仏空也念仏

ねんぶつおどり 【念仏踊】

踊念仏

念仏踊り(ねんぶつおどり)

踊り念仏踊り手自身が鉦を叩き和讃や歌を歌う芸能いっぽう念仏踊りは、踊り手歌い手分かれたものと区別される。踊り念仏の項参照
民間芸能としては、「踊り念仏」よりも「念仏踊り」という名称で残るところが多い。
 


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ねんぶつおどり」の関連用語

ねんぶつおどりのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ねんぶつおどりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
湘南盆踊り研究会湘南盆踊り研究会
Copyright (c)2019 bonodori.net

©2019 Weblio RSS