どうどうめぐりとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > どうどうめぐりの意味・解説 

堂々巡り

読み方:どうどうめぐり

堂々巡りとは、堂々巡りの意味

堂々巡りとは、議論思考が進まず、同じところで巡っていることである。僧侶などが、祈願のために何度もお堂周りを回ることが語源とされる。堂々巡りは、英語では going around in circles表現する。

堂々巡りの類語

堂々巡りの類語には、物事決められずにいるさまを表す「躊躇」「気迷い」「狼狽」などが挙げられる。また、物事がなかなか先に進まないさまを表す「膠着」「停滞」「挫折」なども類語挙げることができる。

どうどう‐めぐり〔ダウダウ‐〕【堂堂巡り/堂堂回り】

[名](スル)

祈願のために、仏堂などのまわりぐるぐるまわること。

同じようなことが何度も繰り返され、進行しないこと。「議論が—する」

国会投票によって議決するとき、議員演壇上の投票箱順次投票することの俗称


どうどうめぐり 【堂堂巡り】

仏教用語祈願のため、または儀式として、仏堂のまわりを巡ること。一般語で議論などが進展しないのを「堂堂巡り」というのはこれによる。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「どうどうめぐり」の関連用語

どうどうめぐりのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



どうどうめぐりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS