つのまたとは?

Weblio 辞書 > 生物 > 植物図鑑 > つのまたの意味・解説 

つの‐また【角×叉】

スギノリ科の紅藻。波の荒い海岸に群生する。長さ15センチ平たく葉状で、二またに分かれ、色は暗緑淡紅紫色など。漆喰(しっくい)の糊(のり)料に利用。《 春》


つのまた (角叉)

Chondrus ocellatus

Chondrus ocellatus

わが国各地をはじめ、東アジア北アメリカ北中部太平洋岸、ハワイ諸島分布しています。潮間帯下部岩上生え、高さは4~15センチになります。かたちは扁平葉状で、先端がやや規則正しく叉状分岐します。色は暗緑色から紫紅色、淡紅色などをしています。海藻こんにゃく漆喰材料利用されます。
スギノリツノマタ属の紅藻類で、学名Chondrus ocellatus。英名は Carageen moss
スギノリのほかの用語一覧
ツノマタ:  角叉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「つのまた」の関連用語

つのまたのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



つのまたのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2021 shu(^^). All rights reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS