「体験」と「経験」の違いとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 「体験」と「経験」の違いの意味・解説 

「体験」と「経験」の違い

体験」と「経験」は、どちらも基本的には「自分自身で見聞きした行ったりすること、および、それを通じて知識技術を得ること」を意味する語。
経験」は使い所広く、「見聞きする」「身をもって学ぶ」という意味合い他にも過去の経歴実績」や「したことがあるという事実)」などを指す意味でも用いられるそのため経験がある」という言い方もする。
体験」は特に「身をもって学ぶ」という意味合いや「強烈な印象伴った事柄経験)」という意味合い重きを置く文脈用いられることが多い。たとえば「体験談」や「戦争体験のような言い方をする。

極端なことをいうと、「経験」には有無多寡語られる量的要素ニュアンスがある。「体験」にはそれぞれ唯一無二であり比較しがたい質要素ニュアンスがある。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「体験」と「経験」の違いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



「体験」と「経験」の違いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2022 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS