部落解放同盟とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 映画監督・俳優辞典 > 部落解放同盟の意味・解説 

部落解放同盟

以下の映画部落解放同盟関連しています。


部落解放同盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/18 13:46 UTC 版)

部落解放同盟(ぶらくかいほうどうめい)は、部落差別の解消を目的に標榜している同和団体である。関係者みずからによる略称解放同盟[注釈 1]。関係者の間では単に「同盟」と呼ばれることもある。解同と略されることもあり、この略称は裁判所でも使われており、特に日本共産党はカギカッコつきで「解同」と表記する。また、佐々淳行部解と略している[2]。裁判所によって部解同と略されたこともある[3]




[ヘルプ]
  1. ^ 森達也『放送禁止歌』ドキュメンタリー (3/6)
  2. ^ 佐々淳行『菊の御紋章と火炎ビン』(文藝春秋社、2009年)p.269-278
  3. ^ 『戦後部落問題関係判例: 資料編』(部落解放研究所、1995年)p.956。
  4. ^ 『部落解放年鑑』1988年、p.37。
  5. ^ 『同和はこわい考』の二十年を振り返って─自らを糾す思想の実践を 月刊『こぺる』編集人 藤田敬一
  6. ^ 佐々木隆爾『戦後政治支配と部落問題 「解同路線」はどう形成されたか』(部落問題研究所、1995年)
  7. ^ 上原善広「誰も書かなかった「同和教育」 3タブー・八鹿高校事件」(「文藝春秋」2012年2月号)
  8. ^ 『部落』第42巻、第524~530号、1990年、p.34
  9. ^ a b 『創』1995年2月号「匿名座談会 部落解放同盟のマスコミが書けなかった内部事情」p.110
  10. ^ 部落解放同盟は「2004年民主党大躍進パーティー」にて献金をしている
  11. ^ 『創』1995年2月号「匿名座談会 部落解放同盟のマスコミが書けなかった内部事情」p.105
  12. ^ 『創』1995年2月号「匿名座談会 部落解放同盟のマスコミが書けなかった内部事情」p.106
  13. ^ 中西義雄『部落解放への新しい流れ』p.81(部落問題研究所、1977年)
  14. ^ 『創』1995年2月号「匿名座談会 部落解放同盟のマスコミが書けなかった内部事情」p.108
  15. ^ a b c 有馬学氏 - 近代日本史料研究会
  16. ^ 中西義雄『部落解放への新しい流れ』p.27
  17. ^ a b c d 『創』1995年2月号「匿名座談会 部落解放同盟のマスコミが書けなかった内部事情」p.103
  18. ^ 『創』1995年2月号「匿名座談会 部落解放同盟のマスコミが書けなかった内部事情」p.102-104
  19. ^ 『創』1995年2月号「匿名座談会 部落解放同盟のマスコミが書けなかった内部事情」p.104
  20. ^ 『部落』第45巻、第559~565号、1993年、p.75
  21. ^ 中西義雄『部落解放への新しい流れ』p.278-279
  22. ^ 『創』1995年2月号「匿名座談会 部落解放同盟のマスコミが書けなかった内部事情」p.116
  23. ^ 『創』1995年2月号「匿名座談会 部落解放同盟のマスコミが書けなかった内部事情」p.116-117
  24. ^ 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.246(講談社、2012年)
  25. ^ 角岡伸彦『ピストルと荊冠』p.246-247(講談社、2012年)
  26. ^ 自由同和会機関誌『ヒューマンJourmal』第211号、2014年12月。
  27. ^ 松岡徹公式サイト
  28. ^ 2007年3月4日付『しんぶん赤旗』
  29. ^ a b c d e f 中原京三『追跡・えせ同和行為』p.137-138(部落問題研究所、1988年)
  30. ^ 中西義雄『部落解放への新しい流れ』p.75
  31. ^ 中原京三『追跡・えせ同和行為』p.115-117
  32. ^ a b c d e f g h i j k l 中原京三『追跡・えせ同和行為』p.207-210(部落問題研究所、1988年)
  33. ^ a b 比良次郎著・税務署オンブズマン編『税務署をマルサせよ』(GU企画出版部、1991年)
  34. ^ 部落解放同盟沢良宜支部規約第18条。
  35. ^ a b 中原京三『追跡・えせ同和行為』p.145(部落問題研究所、1988年)
  36. ^ 朝日新聞社会部『土地ころがし』p.268(葦書房、1982年)
  37. ^ 西岡智『荊冠の志操』
  38. ^ a b 『月刊 同和と在日』2011年3月号(第5号)
  39. ^ 森田益子『自力自闘の解放運動の軌跡』p.142(解放出版社、2012年)
  40. ^ えせ同和行為の実態と対処法
  41. ^ 日出和男除名処分取消訴訟 弁護団声明
  42. ^ 徳島県「解同王国」崩壊の第二章-民主勢力、県民のたたかいのさらなる前進を-村崎 勝利
  43. ^ その後、2003年に日出は焼死体で発見されたが、自殺として片付けられた。川島町で燃えた車から焼死体。町議の可能性、行方探すを参照。
  44. ^ a b c d e f g h i j k l m 兵庫人権問題研究所編「今、あらためて八鹿髙校事件の真実を世に問う : 一般社団法人兵庫人権問題研究所開所40周年記念 : 「八鹿高校事件」40周年」(兵庫人権問題研究所, 2014)pp.197-200
  45. ^ 金靜美『水平運動研究史』p.763
  46. ^ 金靜美『水平運動史研究──民族差別批判』、pp.451-452
  47. ^ 『松本治一郎伝』p.24
  48. ^ 森田益子『自力自闘の解放運動の軌跡』p.293(解放出版社、2012年)
  49. ^ 八鹿の真実を守る会編「八鹿高校事件の真実: 但馬からのレポート」(部落問題研究所出版部, 1978.3)p.16。
  50. ^ a b 『解放の道』1970年12月5日付。
  51. ^ 「部落委員会活動について」1934年。
  52. ^ a b 兵庫人権問題研究所編「今、あらためて八鹿髙校事件の真実を世に問う : 一般社団法人兵庫人権問題研究所開所40周年記念 : 「八鹿高校事件」40周年」(兵庫人権問題研究所, 2014)p.373
  53. ^ 不祥事受け「規約改正」 部落解放同盟
  54. ^ 2006年12月5日(火)「しんぶん赤旗」生保受給者の金着服 元「解同」幹部の元職員逮捕 京都市
  55. ^ 元市職員に有罪 京都地裁 業務上横領判決 2007年03月29日 21:12【京都新聞】
  56. ^ 解放同盟鳥取市協執行部17人総辞職 市の補助金不正受給
  57. ^ 福岡県立花町文書偽装 差別自演の男性有罪
  58. ^ 坂東眞砂子ほか『「子猫殺し」を語る: 生き物の生と死を幻想から現実へ』p.78
  59. ^ 坂東眞砂子ほか『「子猫殺し」を語る: 生き物の生と死を幻想から現実へ』p.80
  60. ^ 『新聞研究』第564~569号(1998年)p.15
  61. ^ 東京人権歴史資料館『日本差別史資料集成』(科学書院、2004年)p.108
  62. ^ 大阪の解放同盟幹部らがセクハラ asahi.com
  63. ^ 部落解放同盟を相手取ってのセクハラ糾弾会にご支援をお願いします
  64. ^ 『こぺる』№17、1994年8月号、15頁
  65. ^ 中原京三『追跡・えせ同和行為』p.142(部落問題研究所、1988年)
  66. ^ 返済に200年?で合意 同和金融公社に大阪府


「部落解放同盟」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

部落解放同盟に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「部落解放同盟」の関連用語

部落解放同盟のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

レッドヒル石

車線数減少

ドローグ

宝村式蒸機

対鶴図鐔

シュナイダーボルト

カニ風味かまぼこ

顰





部落解放同盟のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの部落解放同盟 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS