次世代省エネ基準とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 基準 > 次世代省エネ基準の意味・解説 

次世代省エネ基準

住宅建築における省エネ重量目安が、「次世代省エネ基準」。 住宅に使われるエネルギーの中で、住宅係るエネルギー使用合理化に関する建築主判断基準設計及び施工指針示している。
これらの基準強制力伴っていないが、たとえば住宅金融公庫融資において、いずれか基準満たすと、最も低い基準金利適用や一定額割増融資が受けられる

≫ 次世代省エネ基準

次世代省エネルギー基準

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/28 02:55 UTC 版)

(次世代省エネ基準 から転送)

次世代省エネルギー基準(じせだいしょうエネルギーきじゅん)、もしくは、住宅の省エネルギー基準(じゅうたくのしょうエネルギーきじゅん)とは、1999年3月に、建設省により改正された日本の断熱化基準の通称である。




「次世代省エネルギー基準」の続きの解説一覧





次世代省エネ基準と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

次世代省エネ基準のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




次世代省エネ基準のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本板硝子日本板硝子
(C) 2014 Nippon Sheet Glass Co., Ltd. All Rights Reserved.
日本板硝子ガラス用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの次世代省エネルギー基準 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2014 Weblio RSS