日本西部及び南部魚類図譜とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 日本西部及び南部魚類図譜の意味・解説 

日本西部及び南部魚類図譜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/30 12:58 UTC 版)

日本西部及び南部魚類図譜』(にほんせいぶおよびなんぶぎょるいずふ)は、明治時代から昭和初期にかけて長崎で活動した実業家、水産学者の倉場富三郎(トーマス・アルバート・グラバー)が編纂した、海産の魚類甲殻類軟体動物など水産動物を図説した全34巻合計805枚の図譜。通称『グラバー図譜』。




「日本西部及び南部魚類図譜」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「日本西部及び南部魚類図譜」の関連用語

日本西部及び南部魚類図譜のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

2Pコネクタ

重土十字沸石

T001

オオナルトボラ

知床国立公園

ミセラ

栗石

米内光政





日本西部及び南部魚類図譜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの日本西部及び南部魚類図譜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS