建治三年記とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 建治三年記の意味・解説 

建治三年記

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/01/18 05:07 UTC 版)

建治三年記(けんじさんねんき)は鎌倉時代の史料。筆者は評定衆問注所執事を担当した太田康有。記述は建治3年(1277年)の1年間のうち、68日のみしかないが、史料として貴重視されている。康有の息子太田時連の執筆した永仁三年記と並ぶ、鎌倉時代後期における重要な史料である[1]


  1. ^ 細川・164頁


「建治三年記」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「建治三年記」の関連用語

建治三年記のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

マクサ

Xperia Z2 Tablet SO-05F

docomo STYLE series L-01B

インディアンミノウミウシ

定点滞空飛行試験

鋼床版補強用SFRC舗装

滝の沢

傾斜天井用フランジ





建治三年記のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの建治三年記 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS