リクルートとは?

株式会社リクルート


リクルート

リクルートとは、企業人員募集する意味で 広く使われている採用に関する用語の1つをいいます。
もともとは英語の「recruit(リクルート)」に由来し、 「新人募集」「新入社員」の意味を持つ言葉です。
国内では、株式会社リクルートを指す意味でもよく使われており、 就職転職に関する用語として広く認知されている言葉です。

リクルート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/08/31 16:09 UTC 版)

株式会社リクルートホールディングス: Recruit Holdings Co.,Ltd.)は、広告を主体にした、出版およびインターネットにおける情報サービス、人材紹介、教育など多方面に事業を手掛ける企業である(2012年10月の分社化に伴い、上記主要事業は新設会社に継承され、株式会社リクルートホールディングスは持株会社として経営面を主に手掛ける)。


  1. ^ 産経新聞2009年3月25日
  2. ^ 商号変更に関するお知らせ2012年06月22日株式会社リクルート
  3. ^ 新リクルートロゴを決定!新たな経営体制への移行に合わせ、10月より使用開始。株式会社リクルート プレスリリース 2012年9月3日(2012年11月26日閲覧)
  4. ^ 商号変更に関するお知らせ2012年06月22日株式会社リクルート
  5. ^ スクープとりました!”. 小林美希の取材日記(つぶやき) (2007年11月25日). 2013年6月2日閲覧。
  6. ^ 朝日新聞出版AERA』2007年12月3日号「官業 日給12万円の『異常』委託費 - ジョブカフェ内部文書入手、「高額人件費」のからくり」
  7. ^ 岩波書店世界』2008年10月号「誰のための『再チャレンジ』だったのか - 若者就労支援政策で儲けた人々」
  8. ^ 第168回国会 厚生労働委員会 第12号”. 参議院会議録情報 (2007年12月25日). 2013年6月2日閲覧。


「リクルート」の続きの解説一覧

リクルート

出典:『Wiktionary』 (2010/11/08 07:28 UTC 版)

名詞

  1. 新人募集

語源






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

リクルートに関連した本

リクルートに関係した商品

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「リクルート」の関連用語

リクルートのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す




リクルートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2014 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
転職.jp転職.jp
Copyright(C) 2014 Net Markers.Inc all rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリクルート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのリクルート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2014 Weblio RSS