リカレント教育とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 人権啓発用語 > リカレント教育の意味・解説 

リカレント教育 recurrent education

OECD経済協力開発機構)が提唱した生涯教育構想のひとつ。リカレントは、「循環する」ことを意味し、従来教育学校から社会へという方向で動いていたのに対し、一度社会に出た者の学校への再入学保障し、学校教育社会教育循環的にシステム化することを課題とする。
文部科学省文部省)では、「リフレッシュ教育」という用語で、社会人職業人新たな知識技術修得したり、陳腐化していく知識再生するため、大学院大学等高等教育機関において行う教育推進している。リフレッシュ教育はリカレント教育の一部であり、職業人対象とし、職業上の知識技術内容とし、大学院・大学等で実施される教育をさすとされる。「大学制度改革」の中でもリフレッシュ教育意識した夜間大学院社会人別選入試などの試みが行われている。

リカレント教育

「リカレント教育」とは、経済協力開発機構OECD)が1970年代提唱した生涯教育の一形態で、フォーマル学校教育を終えて社会の諸活動従事してからも、個人必要に応じて教育機関戻り繰り返し再教育を受けられる循環反復型の教育システム指します。リカレント(recurrent)は、反復循環回帰の意味で、日本語では回帰教育循環教育と訳されます。教育制度もとより労働関連政策企業雇用慣行なども併せて再編し、教育機関での学びとそれ以外の労働主とする活動とを、個人生涯通じて交互に行えるように、社会体制改革するのが「リカレント教育」の目指す戦略的構想です。

生涯学習

(リカレント教育 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/15 07:09 UTC 版)

生涯学習(しょうがいがくしゅう、英語:lifelong learning)とは、が生涯にわたり学び学習活動を続けていくこと。日本においては、「人々が自己の充実・啓発や生活の向上のために、自発的意思に基づいて行うことを基本とし、必要に応じて自己に適した手段・方法を自ら選んで、生涯を通じて行う学習」という定義(昭和56年の中央教育審議会答申「生涯教育について」より)が広く用いられている。類似概念に、継続教育がある。




「生涯学習」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

リカレント教育に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「リカレント教育」の関連用語

リカレント教育のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

サンゴタツ

スポーツカイト

道路橋

カリン

ぶれーめん丸

コーヒー豆の産地

冠組

BRUTALE-750S





リカレント教育のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
財団法人和歌山県人権啓発センター財団法人和歌山県人権啓発センター
Copyright (C) 2017 財団法人和歌山県人権啓発センター All rights reserved.
日本の人事部日本の人事部
Copyright © 2004- 2017 i.Q. Co., Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生涯学習 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS