シスチンとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 化合物 > アミノ酸 > シスチンの意味・解説 

シスチン [1] 【cystine】

タンパク質を構成するアミノ酸の一。特に,毛髪・角(つの)などのケラチン多く含まれる。容易に還元されて分解し,システインになる。タンパク質立体構造保持するのに重要な役割を果たす

シスチン

分子式C6H12N2O4S2
その他の名称:(-)-シスチン、L-Cystine、(-)-Cystine(-)-L-Cystine、3,3'-Dithiobisalanine、L-(-)-Cystine、L-(-)-シスチン、3,3'-Dithiobis(L-alanine)、Cystine、3,3'-Dithiobis[(R)-2-aminopropanoic acid]、3,3'-Dithiobis[(2R)-2-aminopropionic acid]、3,3'-Dithiodi(L-alanine)
体系名:シスチン、3,3'-ジチオビス[(R)-2-アミノプロパン酸]、(-)-L-シスチン、L-シスチン、3,3'-ジチオビス(L-アラニン)、3,3'-ジチオビス[(2R)-2-アミノプロピオン酸]、L-Cys(1)-OH=L-Cys(1)-OH、3,3'-ジチオビスアラニン、3,3'-ジチオジ(L-アラニン)


D‐シスチン

分子式C6H12N2O4S2
その他の名称:(+)-シスチン、D-Cystine、(+)-Cystine、(+)-D-Cystine
体系名:3,3'-ジチオビス[(S)-2-アミノプロパン酸]、(+)-D-シスチン、D-シスチン


シスチン

英訳・(英)同義/類義語:cystine

タンパク質分子構成する2個のシステイン残基または2分子システインSH基酸化され、S-S結合共有結合された状態のアミノ酸

システイン

同義/類義語:シスチン
英訳・(英)同義/類義語:Cys, cysteine, C , Cys , cysteien, cysteine

タンパク質を構成するアミノ酸一種で、残基部分SH基を持つためタンパク質分子中で立体構造保持活性部位として働くこともある。また、分泌タンパク質では2つのSH基結合されてーS-S-結合作りタンパク質立体構造安定化に働く場合もある。略号Cys , C

シスチン

CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported


シスチン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/07/30 00:19 UTC 版)

シスチン(: cystine)は、アミノ酸の1種の3,3’-ジチオビス(2-アミノプロピオン酸)である。 この分子は、2個のシステイン分子が水硫基(–SH)の酸化によって生成するジスルフィド結合(S–S)を介して繋がった構造を持つので、光学異性体を有する。 なお、天然に多く存在するのはL体(R,R’体)である。


  1. ^ パーマの知識・仕組”. 髪工房 床松. 2016年7月1日閲覧。
  2. ^ R.·A.·ゴルトナー・W.·F.·ホフマン (1941), “l-Cystine”, Org. Synth., http://www.orgsyn.org/orgsyn/orgsyn/prepContent.asp?prep=CV1P0194  Coll. Vol. 1: 194 .
  3. ^ Lehninger Principles of Biochemistry. W. H. Freeman and Company. (2011-11-21). ISBN 978-1429234146. 
  4. ^ “Evaluation of content and digestibility of disulfide bonds and free thiols in unextruded and extruded diets containing fish meal and soybean protein sources”. Animal Feed Science and Technology英語版 128 (3-4): 320–330. (2006-6-28). doi:10.1016/j.anifeedsci.2005.11.008. ISSN 0377-8401. 
  5. ^ The chemistry of the amino acids and proteins. チャールズ·C.·トーマス·パブリッシャー. (1938). 
  6. ^ Salts of Amino Acids | Crystallization, Structure and Properties. シュプリンガー·インターナショナル·パブリッシング. (2014-7-29). doi:10.1007/978-3-319-06299-0. ISBN 978-3-319-06298-3. http://www.springer.com/gp/book/9783319062983. 


「シスチン」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

シスチンに関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「シスチン」の関連用語

1
100% |||||

2
L‐シスチン・塩酸塩 化学物質辞書
100% |||||

3
100% |||||


5
D‐シスチン 化学物質辞書
100% |||||

6
100% |||||

7
96% |||||


シスチンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

中部国際空港開港記念500円銀貨幣

支笏洞爺国立公園

海鴎11

垂水漁港のイカナゴ漁

ザッハ トルテ

ラングラー アンリミテッド

軌道用モーターカー

すぐばかさ歯車





シスチンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2016 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2016 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
Bio WikiBio Wiki
Bio Wikiの記事を複製・再配布した「分子生物学用語集」の内容は、特に明示されていない限り、次のライセンスに従います:
CC Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシスチン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2016 Weblio RSS