ぞうがんとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 工芸 > 象嵌 > ぞうがんの意味・解説 

ぞう がん ざう- [0] 【象眼・象嵌

( 名 ) スル
工芸品加飾法の一。地の素材を彫って,その部分に他の材料をはめこんで模様を表す技法。主に彫金で用いるが,木・陶磁蒔絵(まきえ)などでも用いる。彫金では糸象眼平象眼布目象眼・高肉象眼などがある。 「純金に類ひ稀なる金剛石三つ-したる/谷間の姫百合 謙澄
印刷で,鉛版などの修正箇所をくりぬき,別な活字や版をはめこんで訂正すること。
泥絵(でいえ)のこととも,色糸または金泥細く縁取りをすることともいう。ぞうが。 「地摺りの唐の薄物に-重ねたる御裳など/枕草子 278

象嵌

読み方:ぞうがん

素地文様彫り込んだり押印したりして、そこに素地とは異色の泥を塗り込め装飾したもの象嵌青磁といわれる高麗青磁一種や、三島手などがその代表例です。





ぞうがんと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ぞうがん」の関連用語

ぞうがんのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

アメリカン

ウレタン樹脂塗装

CA004

ターゲット・バードゴルフ

ドワーフ・グラミー

西羅古墳群

翁竹

九寨溝





ぞうがんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
伝統的工芸品産業振興協会伝統的工芸品産業振興協会
Copyright (C) 2017 (財)伝統的工芸品産業振興協会 All rights reserved.

©2017 Weblio RSS